2017年04月19日

マルチネス19世紀タイプの弦交換


マルチネス19世紀タイプの弦を更換しました。

その際、胴内部を覗いてみましたが、

RIMG2209.JPG

表板の力木は、平行に5本、駒下にポッチが・・・、
まー、仕上げは価格なり?かな?  (^^)


今回、張った弦は、

RIMG2215.JPG

プロアルテのライトテンションです。

RIMG2214.JPG

いつもと同じ止め方にしましたが、大丈夫かな?

RIMG2213.JPG

弦長が短いので、弦の長さ余りが少し多め。



購入した時から張られていた弦の銘柄は???だったので、
外した後に直径を測ってみました・・・

RIMG2216.JPG
 
測定はマイクロメーターで・・(^^)


RIMG2218.JPG

赤字が測定値・・・

高音弦は、プロアルテ・ライトとほぼ同じ、
低音弦は少し太め(張りが強い)でしたが、


さて、今回はどんな音色かな???


posted by ほら吹きドラえもん at 10:21| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ポジションマーク


マルチネスの19世紀タイプのネック・・・

1001.JPG

入門グレードのギターからなのか、

指板サイドの、5、7、9フレットに

埋め込みのポジションマークが付いています。

1002.JPG

オイラ、ほかの楽器は、7フレットにだけマークを張って

それに慣れちゃってるので、

ポジションが7〜9ポジへ飛んだ時に、

あれっ! ここでよかったっけ???

と、うろたえてしまいます。

で、


1003.JPG

とりあえず、9フレットのだけを、

マーカー(黒)でスポッティング・・・

少し、すっきりした.


1004.JPG

5フレットのも、消しちゃおかな〜? (^^)



posted by ほら吹きドラえもん at 17:17| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

そういえば、こんなギターが有った(~~)


そういえば、お誕生日祝いにギターを買ったのは初めてではなかったです。

押入れとか、物入れとかを探すこと小一時間(笑)

発掘してきました。


170125a.JPG

20年ぐらい前に手に入れたギター!です。

ナイロン弦タイプですが、巻き弦がすっかりさびてる(笑)

サウンドホールは立派なスピーカーです。

170125b.JPG

電池蓋を開けてみると!!電池が粉吹いてる!!(悲)

170125c.JPG

あせあせ!しっかり清掃しなくては!

弦も更換して・・・、河野に張ってた使い古しの弦だけどね。

170125d.JPG

モーリスの「サウンドサーカスシリーズ」だったのね。

フェルナンデスの「ぞーさん(ZO-3)シリーズ」と

記憶してたけど違ってました(汗)

アンプにつないで試運転!

170125e.JPG

復活! ちゃんと鳴りましたよ。

電池でのスピーカーも大丈夫でした。

録音とかはそのうち・・・。


今、おうちに有る ナイロン弦ギターの集合写真。

DSCF1074.JPG

posted by ほら吹きドラえもん at 11:01| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

ネットでギターを買った(^^)

よわい??歳の自分へ誕生プレゼントにギターを買ってしまった(^^)

しかも、ネット注文で現物を確認することなく・・・普通はありえん!

 が、

『・・値段と比較してもかなり作りは良いので・・・』と、

お店の人の言うことを信じて・・・・!注文!

翌日(今日)届いた段ボール箱の中身は・・・
10.JPG

マルティネスの19世紀タイプのギター・・量産品です。
30.JPG

糸巻きは専用の・・
40.JPG

塗装が厚めでところどころムラがあったり、仕上げが少し雑なのはご愛敬?・・・さすが中国生産です。
52.JPG

表板にへこみが・・・これとかで定価の2割引きしてもらった。
68.JPG

ここは少しオサレ。
70.JPG

表板は一応単板みたい・・。各部の接着はボンドかな?
88.JPG

ネックの反りは調整できるのかな? シリーズナンバーのラベルはここに・・。
92.JPG

ネックはやや順反り。
45.JPG

早速、弾いてみました。

やはり、ここはソルの練習曲で・・



響きはそれなり(モダン)ですが、軽くて明るめの音色に、
各弦のバランス・ローハイポジションの鳴りもそんなに悪くはなさそう。
以前使ってたアリア(A19C-200N)よりも19世紀ギターらしいの響きかな?

値段もアリアの半分以下だし、コストパフォーマンスは良いです・・。


posted by ほら吹きドラえもん at 21:12| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

ポジションマーク


気分転換で、

ポジションマークを変更(^^)

R0015062.JPG

ついでに、
扇風機のそよ風と、
ビールの誘惑で、酔っ払い録音をアップ。




posted by ほら吹きドラえもん at 23:13| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

サイレントギター


 とあることで、いただいた新しい楽器が我が手に・・(^^)

DSC_2011.JPG

 ヤマハの「 サイレントギター SLG200N 」 です。

 少し触った感想は・・・、

 弦長は650mmですがネック幅は少し狭くて、左手は押さえやすいです。
ネック幅は細めで、クラシックギターとの持ち替えは慣れが必要かな?
(19世紀ギターの感じでしょうか?)

音色・音量は本体のパネル部やアンプでどうにでもなりますが、
右手のタッチについては、手ごたえがないというか・・
反応が悪い(タッチの変化が音に反映されがたい)ように思いました。

広い会場や音量のある楽器とのアンサンブルには良いかと思うけど・・・
その機会(サイレントデビュー)はやってくるのかな??

posted by ほら吹きドラえもん at 19:49| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

新しい仲間が・・・

 
新しい仲間(楽器)が

我が家にやって来ました。

R0014450.JPG

とりあえず、

棚の飾りになっています(^^)
posted by ほら吹きドラえもん at 20:59| Comment(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

アリア ギター お別れ

先日、末の子アリアA19C-200Nを旅立たせました。
   (^^)〜楽器屋に売ったのですが、、。
image/m_IMG_0642.JPG
               (在りし日のアリアちゃん)



まー、なんと申しましょうか・・・、
 ソルの練習曲とかでは大分お世話にはなったのですが、
   中々おいらの言うことをきかない子でした。

楽器のよしあしは、
   まず反応の良さが第一でしょうか・・。

 ・・・弾弦の通りの音が出ること・・・

優しい爪弾きには 憂いのある音で、
  強く弾けば 大きな音が、
   悲しく弾けば 悲しく歌い、
     楽しく弾けば 陽気に踊り・・・、

第二には、より明確な個性でしょうか、
 ルシアの想いが現れるような 音色 と バランス ・・、

ま〜、新しいパートナーが見つかって、
  活躍されることを願っています。



posted by ほら吹きドラえもん at 15:18| Comment(2) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

オルガン


先日見かけた、

  式場の教会の、

    パイプオルガン




『ラウンド・ダンス』(佐藤弘和)

(西野春平1998 エフェクトなし)
posted by ほら吹きドラえもん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

ヘッド

 
 西野のギター弦を交換したのは、春の演奏会から半年振りかな? 張ったのはいつものプロアルテのノーマルブラックですが、取り外した弦をアリアに使いまわし・・(笑)。3本ともブラックになったのは初めてなので記念に一枚。



 で、使い古いしの弦(音質がクリアになるかなと?)による アリアA19C−200Nで、

『 A Toy 』


タスカムDR−1のエフェクトが少しかかってたので、少し音質がこもりがちです。

 曲は、ジェイン・ピッカリングのリュート曲集からのものです。
posted by ほら吹きドラえもん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする